趣深山 四国 山歩き
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shumiyamaのブログ

趣深山 四国 山歩き http://shumiyama.com/    http://shumiyama.jimdo.com/

「プロブロガー」イケダハヤト氏の 高知での ご活躍を期待します

要約

書きあげたブログから 上手に収益化する新しい手法(マネタイズできるシステム)ができてきて プロブロガーが職業として 自立し 活躍の場がひろがった。

紙媒体の時代とは違い 新しいスタイルとして フリーな立場からの ブログの発信ができるプロブロガーの 今後の発展に注目したい。

そのむかし 会社組織に所属しない フリーのライターは

 

そのむかし 会社組織に所属しない フリーのライターは 書いた原稿で安定的に報酬を得るには  出版社 雑誌 メディア社 など編集者との それなりのなれつきあいのなかで 仕事を回してもらう必要から 一定の つながりをもっていて さまざまな原稿執筆の依頼者から 文章を書いてくれと 頼まれて 文章を仕上げ 対価として報酬の原稿料を受けとるという システムができていた。

が 出版雑誌業界不況で昔からの原稿依頼型の 構造は ここにきて大きく変化してきていた。

ややもすると 売文稼業として 自分では書きたくない 題材とか 「提灯記事」を 渋々 書いて 細々と 原稿料をもらって 生計を立てたりする ライター。

一方、自分に忠実な 高潔な物書きの方は 他に アルバイトの仕事とか 本業の他の仕事をして 生計を立て 貴重な時間を無理に割いて 自分の書きたいことを書く。

どちらのライターにも 不本意な 制約が多く フリーな執筆活動には多大な困難が伴っていた。

インターネット上に 公開したブログから 直接 報酬となる収益を受け取ることが可能

ところが 近年はICTの進化でPV アフィリエイト バナー広告 アドセンスなど 様々な 手法で マネタイズの方法が変わってきてインターネット上に 公開したブログから 直接 報酬となる収益を受け取ることが可能となった。

ブログを通して 情報発信力を高め 愛読者を確保し ブログから収益を直接受けとることができるようになってきたのだ。

これで 売文稼業として 意にそわぬ文章や提灯記事を 渋々書いたりすることなく もっとフリーな立場で 堂々と本道の文章を書くことができ 他人の依頼や制約を受けることなく 自分の好みの題材で 自分の ペースで書いて 収益を直接受け取り 自由に羽ばたくように フリーハンドで 活躍の場を 与えられたの が プロのブロッガーだ。

フリーハンドの活躍と自由さがえられる フリーランスの 職業プロブロッガー

文字通り フリーの フリーハンドの活躍と自由さがえられる フリーランスの 職業として 自由な活動が プロブロガーには可能となった。

時間に縛られず 他の束縛なく 自分に忠実に 自分の書きたいことを 堂々と 書き、もの書きの本業一筋で 生計を立てることができるのが プロブロッガー

もし かりに どんな著名な団体 新聞 出版社 雑誌社 など 原稿執筆依頼があっても 趣旨が気にいらねば 堂々と 断り、渋々 仕事を受けることなど しなくてよい。

たとえ 著名な団体からの講演依頼でも 気に入らないものは どんどん断ることもできる。

寄稿 講演は 渋々受けることなく 気に入ったものだけすればいい。

するか しないは 自分の判断で 自由な フリーな活動が約束されているのが プロブロッガー

プロブロッガーならではの フリーな立場からの ブログの発信ができる イケダハヤト氏は 東京から 高知へ 移住し さらに いっそう さまざまな「しがらみ」を廃し フリーハンドの枠を拡大させた。

イケダハヤト氏の 高知での 今後のご活躍を 大いに 期待します。

 


ブログで「毎年500万円稼ぐ」ために必要な考え方 : まだ東京で消耗してるの?